fbpx

【英語学習】マレーシアで英語力を伸ばすための取り組み!言語交換編

英語学習

皆さんこんにちは^^
またもやお久しぶりの更新になってしまいましたが、今日は英語学習の取り組みとして、私が行っている「言語交換」について書いていきたいと思います!

3年前ぐらいからずーっと変わらない私の目標は、「英語力を伸ばす」ということ。
先日書いた通り、TOEICに関しては点数を着実に伸ばすことができています!

しかし、私が欲しいのは、

「思ったことをすらすら英語で話せるようになる力」なんだよ〜(泣)!

私がマレーシアに移住した一番の理由は、「実践的な英語力をつけること」です。旅行以外の海外経験が今までないので、私のSpeaking力は本当に壊滅的。
英語を話そうとするとワタワタして、とにかく英語を話すことに慣れていない、、、。
英語環境の国に移住し、仕事をしながら、英語力を伸ばしたい!という目的の元、転職を決めました。

しかし、日本語が必要とされる現地採用の仕事。
もちろん英語の案件も対応をしますが、その数は僅かです。自分から英語を話す環境を作らなければ、日本語だけで生きていくことだってできちゃうのがこの仕事。
マニュアルや仕事のやり取りは英語になるので、Reading/Writingは伸びたとは思います。しかし、Speakingを伸ばす環境に自分を置くためには、職場でガツガツ人に話しかけないといけない…そんなの無理(泣)!

なので、特にSpeakingを伸ばすために色々試行錯誤しています!
今日はその中でも、私がやっていることの一つ「言語交換」についてお話ししていきたいと思います♪

言語交換って?

その名の通り、日本語話者である私が日本語を教え/代わりに英語話者に私が英語を教えてもらう ような場のことを指します。

英語を学びたいがために、気の合わない職場の英語話者を誘って、一緒の時間を過ごすのはハッキリ言って苦痛です!←経験済み 
でも、もし相手が日本語を学んでいる人だったら、気は合わなくても共通の話題があるから、場を持たせることができる! そこで私は、「言語交換友達」を探すことにしました !

もちろん相手は資格を持った先生ではないし、教え方について学んでいる人ではないので、ちゃんとした英会話スクールに行くのとは違うものだとは思います。
ただ、お金をかけずに英語で会話をする場を持てることと、相手が気の合う人だと「普通に友達と遊んでいるみたいで楽しい」という点で十分にメリットがあると思っています!

言語交換友達の探し方

まず、色々なアプリや掲示板を使って書き込みをしました。

アプリだと、Hello TalkHi Native。掲示板だと「言語交換 掲示板」などで出てきたページに片っ端から書き込み… 

しかし、これが本当にいい人が見つからない! (泣)

アプリだと大半は男性で出会い目的の人ばかりガーン
また掲示板だとそもそもの母数が小さいため、自分と同じ地域に住んでいる人はおらず、リアルに会える人がいない。(違う国の人からメッセージが来る)

そのため、私はFacebookを使って友人探しをしました!

  1. 現地の日本語学習者ページを見つける
    例えば、私の場合は「Penang Japanese」と検索バーに入れ、ヒットしたグループやページの中で、人数が多いものに絞って探しました !
  2. 1で見つけたページに投稿をする
    自己紹介・英語を学習している・日本語を教えられる…etc, など自分の情報を書きます。
    特に、顔写真をつけるのはオススメです!
    (もちろんリスクはあるので自己判断とはなりますが)
    日本っぽい場所(京都や浅草)、日本っぽい服装(着物や浴衣など)の写真であれば、たくさんのコメントがつくはずです。
  3. 2と並行して、そのページをフォローしている人の中で、経歴や外見、趣味など気の合いそうな人を探して、Messageを送る! 
    外人は日本人と違って、知らない人にDMを送ったりメッセージをしたりすることに抵抗がありません。なので「変に思われたらどうしよう」などと気負うことなく、バンバンメッセージを送りまくる! 

投稿についたコメントや受信したメッセージの中から、相手の写真や趣味などから気の合いそうな人を探し、言語交換の話を提案します!
この方法のいいところは、アプリにいる変な人じゃなくて、現地で普通の生活をしている人に出会えるところ!またFacebookはアプリと違って、そもそもの母数が多いところもメリットです。そして、自分と気の合いそうな人をスクリーニングできるところも利点です!

言語交換の実際

language exchange partner
右がお友達!スタンプしていても、可愛い雰囲気が伝わる〜♡

こんな感じで、私は、1つ年上のとっても気の合う女性と出会うことができました!

私はこの女性と、毎週火曜日に2時間半ほど、一緒に食事をしながら勉強をする約束をしています!
この女性とは気が合うので(仲のいい女友達って感じなの♡本当に!)、1週間の近況をアップデートするだけで私のターン(英語)の1時間がすぐに過ぎる!笑
また、普段している勉強(自作英作文ノート:言いたくて思いつかなかった英文/洋画やYouTubeで見た使えそうな表現を書き留め、自分で例文を作成しているノート)を見てもらって、間違った英語を添削してもらうってこともしています。

そして運命だったのは、次の転職先として私が希望している業界に勤めた経験を彼女が持っていたこと!すごくないですか?♡ しかも現職で人事に携わっている!
年始に転職活動をしていたので、英文履歴書の更新をしなければならなかったのですが、彼女が添削をしてくれました!(涙)また、面接用に回答を準備したりもしていたのですが、こちらも添削してくれました!(涙)経験者だけあって、私の文言を上手く言い換えてくれたりと、本当に感謝でしたし、勉強にもなりました。

残りの時間は、彼女の日本語学校の宿題を見たり、質問に答えたりってことをしています (彼女も私と同じでSpeakingが苦手な人なので、9.9割方英語で教えてるけど(笑)まあ自分の勉強になるから良しです!)

彼女と知り合えてもう一つ良かった点は、現地のリアルな情報を教えてもらえるところです!特に私が「在住日本人よりも信頼できる」と思うのは、彼女が教えてくれる美容・飲食店の情報!
彼女は(こんな言い方もあれですが)マレーシアでは割と裕福で、そしてイケてる(身なりにしっかり気を使う)女性なので、美容院やネイルサロン、またお勧めのレストランが「まじで、間違いない、コスパ良し」のところばかりなんです!!
日本人でSNSやブログで発信している人って、顔出ししていないし、年齢も分からないし、正直そのセンスって自分に合うかどうか分からない。だから、年齢も近くて、とっても素敵な女性と知り合えて本当に良かったなって思います。もちろん運も良かった。ありがとう神様。

日本にいながら言語交換?

しかし彼女と会う機会を持って3か月ほど経ったころ、、、

一週間に一回じゃ圧倒的に足りない!!!ということに気づく。

今まで、「実際に会う」ということに重きを置いてきたけれど、それでは相手にとっても自分にとっても負担になる。

Skypeでいいんじゃないか…?という思考に至る。

(勿論、彼女と会うのはリアルな女友達と話しているみたいで楽しいので、こちらは継続するとして)

そして、またFacebookで友人探しを再開!今度は出来るだけ多くの日数、話す機会を持てる人!
先ほどと同じ方法で、今度はインドネシアの女の子(大学生)と知り合うことができました♪
彼女は日本語学科で勉強をしていて、簡単な会話なら日本語で話すことができます。また、日本の文化に興味があるので、話が膨らみやすい! 
大学生で時間があるということで、彼女とは平日に数回、Skypeで1時間半ほどお話をしています!どんなことについて話しているかというと…

  • 私が日本文化に関するtopicを英語で作成
    いわゆる英作文ですね!例えば、Japanese weird behavior とか、What is “モテ” in Japanとか、普通に話として面白いものをチョイスします!題材は、日本文化を紹介しているYoutuberの動画をネタにすることが殆ど!めちゃめちゃ使えます。Youtube。
    あとは、DMM英会話の教材も題材としてかなり使えます。
  • Skypeをする前に(大体夕方まで)私が作成した英文を彼女に送る 
    前までは、自分の意見を事前に作文していました。しかし、writingに関しては苦手意識が全くないので、最近はぶっつけ本番で話すようにして、後から復習として作文を行うという勉強方法に変更しました。writing力を伸ばしたい方は、事前に作文する学習を行う方法はオススメです!
  • Skypeで、英文を添削・また、彼女がtopicに対して疑問に思ったことなど、質問を積極的にしてくれます
    その時に、インドネシアの文化と日本の文化を比べることが多くて、すごく勉強になります!

私のターンはこのような形でいつもお話をしています^^
その後は、彼女の日本語能力試験の質問に答えたり、大学の日本語講義の宿題や卒論の添削などを私がしています!

この方法なら、日本にいながらでも言語交換をすることができますよね!
(なぜ日本にいてやらなかった、自分…)

さいごに

しかし、「じゃあ英語を話せるようになったか」と言われると正直全然自信はありません。。。
でも、2時間ぐらい英語でずっと会話できてるってことを考えると、恐れずに英語を話せるようになった、とは言えると思う!

言語交換のいいところは、そもそも自分(日本)に興味を持っている人と話すことができるということです。なので、話題が途切れて沈黙…ということが全くありません!
※「自分に興味がない人とも対等に話が出来てこそ一人前」という英語学習提唱者がいたりしますが、ビギナーはまず、楽しく・会話が途切れず、勉強を続けられるということが大事だと私は思います。

こんな感じで、「英語を話すことに対する抵抗をなくしたい!」という目標を達成できるように、マレーシアで日々頑張っています^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました