fbpx

【マレーシア国内旅行】イポーのグルメを満喫しよう♡

女子旅のすすめ

皆さんこんにちは!またしても久しぶりのブログとなってしまいました。。。
今日は新しいカテゴリ「女子旅のすすめ」ということで、東南アジア旅行のおすすめをご紹介していきます♪

第一回目の今日は、マレーシアの国内旅行について書いていきたいと思います。
去年初めてマレーシアの国内旅行をしました♪

行き先はずばり、イポー(Ipoh)

KLからの日帰り旅行として行かれる方も多いですよね!
マラッカが、KLより南に位置しているのに対し、イポーは北にあるイメージです。そして何より、イポーはペナンからバスで2時間という近さなのです!

イポーは、マレーシアで3番目に大きい都市で(実際ペナンと比べるとかなり小さいですが)、食の都とも呼ばれています!

最初はマラッカに行こうと考えていたのですが、ローカルの友人に「ペナンから近い、イポーに先に行くべき!イポーのグルメは超美味しいから!」と勧められ、行き先をイポーに変更しました(笑)

ということで、ペナンからイポーに行き、2日間の日程で楽しんで来ました♪
グルメと観光地にフォーカスした私の旅のプランをご紹介します:)

ペナンからイポーへの交通手段

ペナンからイポーへ向かうには、2つの行き方があります!

直行バスフェリーです!

① 直行バス
直行バスの場合、ペナンからイポーまで2時間半ほどで到着します。ペナンブリッジで本島へ渡り、そこから南下するイメージですね!
ペナンには2つのバスターミナルがあり、
Penang Komtar(コムターの下)
Sungai Nibong Bus Terminal(クイーンズベイモールの近く)

どちらからもイポー行きのバスが出ています。また、どちらも同じぐらいの本数でバスが出ているので、アクセスのしやすさでターミナルを選ぶといいと思います!
バスのチケットは、ネットで事前購入することもできますが、満席になることはほぼないと思います。なので、直接ターミナルに向かい、その場でチケットを購入すればOKです!
ただし、次のバスとの間隔が長い時間帯もあるので、バスの出発時刻だけは事前にチェックする必要があるでしょう。

ちなみにお値段は、片道15〜25RMと様々です。これは、バスのランクによる違いです。
20RM以上するバスは、座席間隔が広く、後ろを気にせずリクライニングができるような形のものです。しかしお安いバスでも、日本の長距離バスと同じレベルで車内は綺麗です!なので、どの値段のバスを選んだとしても、そこまでの大差はないと思います。ご自身の都合に合わせてバスを選ぶと良いと思います!

ペナンフェリー
ペナンフェリーでイポーまで向かう場合、ペナンのJettyターミナルから本島のButterworthターミナルへ、まずフェリーで渡ります。そこからイポーまで直行バスで向かう形となります。
ペナン〜イポー間のフェリーは20分〜30分間隔で出発しているので、こちらも事前に時間を調べたりチケットを買ったりする必要はありません。また、ペナン→イポーへ向かうフェリーは無料となっています。

私は、チェックした情報サイトにフェリーのことしか記載がなかったこともあり、「ペナンから本島に行くためにはフェリーに乗らなければいけないんだ!」と勝手に思い込み、行きはフェリーとバスを使いイポーへ向かいました(汗)(Sungai Nibong バスターミナルの方が、断然家から近いのに…笑)
帰りも「バスに乗ればButterworthのターミナルに着くだろう」と思い、イポーからバスに乗ると、それはペナンブリッジを渡って直通でペナンに着くバスでした(笑)

結果的にフェリーに乗るという体験もできたし、帰りは早く帰れるしでラッキーだったのですが(笑)、皆さんは必ずホテルや戻る先のアクセスを考え、行き方を選ぶように気をつけましょう!(間違えるのお前だけだぞ!)

ペナンからイポーまでの道のり

それでは、ペナンからイポーまでの道のりを紹介します!

ペナンフェリーに乗船!

まず、ペナンフェリーで本島のButterworthまで向かいます。

Jetty penang
ペナンのJettyターミナル

ペナン側のフェリー出発口は、バスターミナルと併設されています。ジョージタウンエリア、「Jetty」という名前のターミナルです!ここに行けば、フェリーの乗り場はすぐに分かるので安心してください。
ペナン→ イポー間の乗船料は無料です。行き先が「Ipoh」と書かれたゲートの前でフェリーの到着を待ちます。フェリーは入れ替え制になっていて、イポーからの乗客を降ろした船に、ペナン側の乗客が乗り込む形で運航がされています!

Jetty ferry
思ったよりもたくさんの人がフェリーの到着を待っていてびっくり!

フェリーは正直、「これ人間の乗る船か…?私たち物か何かなのか…?」と思うような造り(笑)完全にコンテナ船です。私たち、車と一緒に運ばれるしね(笑)
ローカルの友人によると、来年あたりに新しい船に入れ替わるらしいとか…??

Jetty ferry2
車と一緒に乗ります(笑)

Butterworthまでは、約10分とかなり短い時間で到着します!
初めて、ペナンを海から眺めるという経験ができたのでなかなか楽しめました^^

Jetty ferry3
遠くから見るとペナンの海は綺麗です。

Butterworthから直行バスでイポーまで

Butterworthのターミナルに着いたら、チケット窓口でイポーまでのバスチケットを買います!バスチケットの窓口もすぐに分かるので安心してくださいね。

butterworth
Butterworthターミナルのバスチケット売り場

バスのチケットは前述した通り、15RM〜25RMと値段に幅があります。ターミナルで少しゆっくりする時間を考えて、私は乗るバスを選びました!
(選んだ時間のバスは17RMで、ごくごく普通の長距離バスでした。ガラガラだったので、複数席が使えたのが良かったです。)

bus
こちらは帰りに乗ったバス(20RM)。値段高めのバスなので、ゆったりした席の配置です。

ちなみにButterworthのターミナルには、飲食店など色々なお店が入っています。中を見ていると楽しくて、意外に時間を喰う場合があります!注意です!

イポーのバスターミナルまでは、約2時間と長旅です。風景もずーっと田舎町を走るという感じでつまらないので、何か時間をつぶせるものがあると良いと思います。

Ipoh bus terminal
イポーのバスターミナル。ここからgrabで街の中心地へ向かいます。

到着するイポーのバスターミナルは「Terminal Amanjaya」という名前になります
(帰りに名前が分からなくて困ったので、ぜひメモをしてください)
このターミナルは、イポーの中心地から車で20分ほど離れた場所にあります。そのため、こちらからgrabで街の中心地に向かう必要があります。私たちは先にホテルに荷物を預けたかったため、ホテルを目的地にしてgrabを呼びました。

※ ちなみに、ペナン11時半発のフェリーに乗り(出発遅すぎ)、イポー行きのバスが13時発、こちらのターミナルに15時前に着いて、街の中心地には15時半前に着きました!時間の目安として参考にしてください!

イポーで泊まったホテル

今回は、イポーの街の中心地にあるホテルを予約しました!
基本的に有名な飲食店は中心街にあるので、中心街のホテルを取れば、どのお店にも徒歩で行くことができると思います。
1泊寝る場所があればよかったので、まず一番に安いこと、そしてそれなりの清潔感があること、加えてレビューが多いホテルを探しました。泊まったホテルはこちらです!

French Hotel Ipoh(フレンチホテル イポー)

french hotel ipoh
画像はBookin.comさんよりお借りしています

一泊、2人で113RM(日本円 約3000円)!という安さでした。また、下の地図にも載せましたが、立地が最高です。地図に載せたスポットは、全て徒歩圏内!
部屋に関しては、窓がないため閉塞感があるところや、アメニティがないところ(歯ブラシやガウンなどありません!)が難点ですが、安いので文句はありません!

イポーでグルメツアー♡

それでは、ここから私がイポーで満喫したグルメについてご紹介していきます♡
まずこちらが、私がイポーで回ったレストラン・観光地の地図になります!

Ipoh gourmet map
位置はアップで確認してください♪

Lon Wong (老黄:チキンライス)

到着した日のお昼に、イポーの超有名店「老黄」チキンライスを食べに行きました!

lou wong

チキンライスはいくつか有名なお店があるみたいですが、どのサイトでもまず一番に紹介されていたこちらのお店を選びました。結果、大正解でした!
私、チキンライスって大好きなんですけど、とにかくここのお店はタレが美味しい♡ 醤油、にんにく、ごま油と生姜の味がたまらない!あと、生姜で炊かれたご飯も最高!

lou wong2
最高に美味しいチキンは一皿11RM(約280円)、もやしは3RM(約80円)!写真のチキンは2人分。

「イポーはもやしが絶品!」と聞いていて、サイドメニューのもやしも楽しみに頼んだのですが、別にまあまあでした(笑)私的には、チキンライスとご飯の方が美味しかったかな。

この旅の中で、ここのチキンライスが一番に美味しかった!とにかくおすすめです♡

② Funny Mountain Soya Bean(豆花)

①のチキンライスを食べた後、同じ通りにある豆花をデザートとして食べました。
(おそらく)自家製で、優しい味がして美味しいには美味しいのですが、突筆するほどのものではないかな、、、という感じ。まあ安いのでOK。

funny mountain soybean
一皿1.5RM(約40円)という安さ!

③ Aun Kheng Lim(Salted Chicken:鶏の丸焼き)

aun kheng lim

続いても「超」がつく有名店〜のSalted Chickenです。簡単に言うと、塩で味付けがされた鶏の丸焼きです!
こちらのお店はテイクアウトのみの販売なので、基本的に持ち帰ってホテルで食べるという選択肢になると思います。しかし、冷めてもしっとりジューシーで美味しいのでご安心を!
私は売り切れて買えないのが嫌だったので、割と早めの時間帯に買いに行きましたが、並ぶこともなくすんなりと買えました!

aun kheng lim2

夜ホテルの部屋に戻り、ビールと一緒にこのチキンを食べたのですが、これが美味しい!!
丸一羽を2人で食べれるかな?と不安だったのですが、可食部分が意外と少ないので、余裕で食べ切れました(笑)彼氏はこの旅で一番こちらのチキンが記憶に残っているようです♪

aun kheng lim3
鶏一羽で21RM(約550円)です!

④ Kafe Sun Yoon Wah(スノービール)

ここからは夜ご飯になります!イポー駅を散策した後だったので、駅から近いこちらのお店で、まず一杯飲みました。スノービール!

snow beer
ビールは、アサヒやカールスバークなど種類が色々あります♡

スノービールとは、キンキンに冷えたグラスに、凍ったビールを注いで提供してくれる、いわばフローズンビールのことです!これがめちゃめちゃ美味しかった♡

ただしこちらのお店、料理がイマイチすぎて、、、しかもシーフードのお店なので、無駄に大きい魚一匹を使った料理みたいなのしかメニューになく…。申し訳ないけど残しました。
こちらのお店に行こうと考えている方は、料理はおつまみ程度と考えて、あまり品数を頼まないようにしましょう。(潔く2軒目へ行こう!)また、奇をてらったメニューに挑戦することもおすすめしません。

⑤ Restoran Tuck Kee(月河光:麺)

ということで、2軒目に移動。
2軒目のお店では、この店の名物「月河光」という麺 を食べました!

tuck kee
Mサイズで13RM(約330円)。Baby octopusは18RM(約470円)。

クイティオのようなもちもちした平打ちの麺に、醤油ベースのタレで味付けされた麺です。
こちらの料理、私の大好きなビジュアルすぎて!かなり期待して行きましたが、、、微妙でした。何だろう、不味くないんですけど、味にインパクトがなくて飽きてしまいました。
こちらの麺より、Baby Octopusの方がにんにくが効いて美味しいのでおすすめです(笑)

④のお店で食事をした後だったということもありますが、2人でMサイズの麺を頼み、食べきることができませんでした。もし同じように2軒目としてこちらのお店に行くということであれば、2人で一番小さいサイズで足りるかと思います!
ちなみに、お店は夜の時間帯はかなり混んでいるので、席につくまでに時間がかかる可能性が高いです!私も夜8時ぐらいの入店で、30分ほど待ちました。

⑥ Nam Heong White Coffee(南香:ホワイトコーヒー発祥の店)

2日目の朝食です。ホワイトコーヒー発祥のお店「南香」に来ました!
こちらは、マレーシアによくあるコピティアムです。中には食事を売っている屋台がいくつかあり、ドリンクは別で店員さんに頼みます。
朝9時頃に行きましたが、めちゃめちゃ混んでます!座る席がありませんでした(汗)
ここのお店は店員さんが座席の誘導をしてくれるわけではないので、店内をよく見て、席が空いたら猛ダッシュ!「ここ良いですか!」と自分で突撃する必要があります!
絶対に相席になるので、そこは覚悟をしましょう!

nam heong

私は隣の女性にお勧めされたカリーミーを食べました!美味しい!
ドリンクは勿論ホワイトコーヒーを頼みましたが、まあ他のお店と変わりません(笑)

ちなみにここで大行列していたのが、エッグタルト!

egg tarte

持ち帰りもできるようで、大量購入されている方がたくさんいました。私も買って食べましたが、素朴な味がして美味しかったです。

⑦ 天津茶室(プリン)

pudding
右のお店の屋根に猿がいます。注目(笑)!

続いて、おやつに自家製プリンを食べに来ました。こちらも有名ですよね!

pudding2
一皿3RM(約80円)!

素朴な味がして美味しかった〜。何より安いのがいいです!
こちらのお店もコピティアムなので、長居できる感じではありません。

⑧ Plan b(カフェ)

イポー最後の食事として、こちらのカフェでランチをしました!
色々なお店が入っている複合施設の中にあるカフェで、お洒落だな〜と思って偶然入ったのですが、後から調べたらイポー1のお洒落カフェだったみたいです(笑)

店内の写真を撮っていなかったので、こちらの投稿を引用させていただきました。素敵写真!

お値段はもちろん少し高めではありますが、何を食べても美味しいと思います♪
ちなみにここの施設も雰囲気のある造りになっているので、インスタ映えする写真が撮れると思います^^

salad
サラダお洒落すぎる〜!笑

⑨ Restaurant Foh San Dim Sum(富山点心:飲茶)

番外編!こちらイポーで有名な飲茶のお店です。
私はグルメツアーの計画上、こちらを織り込めなかったため行きませんでした。しかし、街の中心街にあるお店になので、上の地図には記載しました♪

マレーシアに来て、「(ホテルの中のレストランではない)ローカルな飲茶のお店って、どこもそんなに味に大差はなく美味しいな」と思うようになったので、飲茶のお店が候補から外れてしまったのですが、飲茶が好きな方はこちらのお店にも是非行ってみてください^^

イポーの観光地

続いては、私がイポーで訪れた観光地についてご紹介します♪

① Ipoh Railway Station(イポー駅)

ipoh railway station

まず、イポー駅です!
KLから電車で来る方は、こちらが到着駅となっています。駅の外観は西洋風の建築でお洒落です。これと言って見るポイントはないのですが(笑)、穏やかな雰囲気で素敵です。

② Old Town White Coffeeのウォールアート

ipoh wall art

みんな大好き!Old Town White Coffeeのお店の横に、巨大ウォールアートがあります!イポー駅の近くなので、併せて写真を撮りに行くといいと思います♪

③ Kellie’s castle(ケリーズキャッスル)

続いて、イポー旅行で一番楽しみにしていた観光地、Kellie’s castleです!
こちらのお城は、ケリーさんという個人が、イギリス統治時代に多くの労働者を雇って建てたものだそうです。ケリーさんが途中で亡くなってしまったため建設は途中で終了し、お城が未完成の状態で現在まで残っているんです!

kelly's castle
何もない土地に突如このお城が現れるので、びっくりします。

入館料は、外国人が5RMとなっており、城内を自由に散策することができます。
建築が西洋風でとっても素敵です!お城も3階建てになっているので、下から上まで見学して写真を撮っていたりすると、40分ぐらい楽しむことができます♪

kelly's castle2

ちなみに、街の中心地からgrabで20分ほどかかる場所に位置しています。中心地から外れた場所にあるため、帰りのgrabを捕まえるのが難しいとネットの情報で知りました!そのため、行きのgrabの運転手に「エントランスで40分ほど待っていてほしい」と、帰りも乗せてもらえるよう交渉をしました!ドライバーが快諾してくれたため、問題なく中心街まで戻ることができました。皆さんも、是非同じように交渉されることをお勧めします!

④ Kek Look Tong (極楽洞:ケロットン)

時間があったので、お寺も観に行くことにしました。
イポーにもいくつか有名な寺院があるようですが、洞窟の中にあって迫力ありそうな、こちらのお寺を選びました!KLのバトゥケイブのようにフォトジェニックなカラフル階段があるわけではないですが(笑)、洞窟は大きいのでやはり圧倒されますね!

ken look tong

こちらも中心街からは外れたところにあるため、grabで行く必要があります。(Kellie’s castleよりは近い、10分ぐらいかな。)帰りも乗せてもらえるようにこちらでも交渉したのですが、「いっぱい車いるから大丈夫だよ!」と断られてしまいました、、、しかし、運転手さんの言った通り、帰りもすぐにgrabを捕まえることができました!帰りの移動手段について心配することはなさそうです。

⑤ Concubine / Market Lane

こちらはただの通りなのですが、ウォールアートがあったり、傘がたくさんぶら下がってる仕掛けがあったりと、フォトジェニックな場所です♪
観光客向けですが色々な露店があるので、見ているだけで楽しいです。

market lane ipoh

さいごに

ということで、イポーのおすすめをご紹介しました!

ペナンやKLから2時間で行くことのできる場所にあるので、日帰りももちろん可能ですが、1日だと食べたいものが全て食べられないよ〜!というのが今回の旅で思ったことです(笑)

食事をめいいっぱい楽しみたい方は、1日半あれば満喫できるのではないかなと思います♡ この記事が参考になったら嬉しいです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました