fbpx

【渡航準備】マレーシアVISA(シングルエントリービザ)申請方法

マレーシア就職

皆さんこんにちは!

前回の記事で、渡航までの流れ(私の場合)をご説明しました。

マレーシア就職では、内定が出ても安心はできません。なぜなら、現地で就労をするために必ずVISAが必要になるからです!
面接が終了すると、数日で結果が伝えられることと思います。内定後必要書類を提出し、マレーシア入国管理局からの承諾レターを受け取って初めて、自分自身でVISAの手続きを行うことになります!

私は、何に対しても「まず調べてから」取り掛かるタイプです。なので、面接を受ける前から「マレーシアの生活環境」やら「英語面接」「マレーシアでの住居」「生活費」「移住に必要なもの」…もちろんVISAのことも調べまくっていました(笑)
正式にVISA発給をしてもらえるという「承諾レター」が届くまで、3ヶ月待っていたということもあり、「何か自分の提出書類に不備があったのではないか」「VISA発給のために何かする手続きをし忘れたんじゃないか」・・・など、とっても不安になりました。

しかし、この承認レターを企業(またはエージェント)から受け取っていない限り、私たちにできることは何もありません!

逆にレターを受け取ってから渡航までは、日が短いことがほとんどです!
(VISAの申請に、航空券が必要となるため)
なので承認レターを待っている間は、移住へ向けてパッキングを始めたり、しばらく会えなくなる友達などと会っておくといいと思います^^

VISA(シングルエントリービザ)申請の流れ

マレーシア入国管理局からの承認レターを、企業の方(またはエージェント)から受け取った後に申請を行います。申請の流れとしては、

1、必要書類とパスポートをマレーシア大使館に提出(大使館に出向く必要あり)
2、シングルエントリービザを受け取る

日本で渡航前に私たちが行う手続きは、この2つです。
このシングルエントリービザをもってマレーシアに入国し、企業にパスポートを提出します。パスポートに正式なVISAが貼られ、これをもって正式な「就労VISA」の給付が完了します。
マレーシアに到着してからは企業が諸々の手続きを行ってくれるので、心配する必要はありません。(特にBPO企業は、多くの外国人を雇っていることもあり、この手続きについてはスムーズに行ってくれます)

VISA申請に必要な書類

大使館に出向く前に、必要書類をぬかりなく準備する必要があります!
一つでも書類が不足していると、その場で家に返され、相手にもしてもらえません!!
(何なら書類に不備があると、大使館事務の女性に怒鳴られます…)

そのため、特に遠方からいらっしゃる方やお仕事の休みを取られている方は注意です!

承認レターを受け取った真面目な私は、マレーシア大使館 領事館のメールアドレスに、必要書類について問い合わせをしました。(メールアドレスは、consular.tyo★kln.gov.my
しかし、質問事項をつけたにも関わらず、完全なるテンプレートメールが返信される・・・
添付されていたpdfファイルを見ても書類の記入方法とか載っていないし、まずこのURLを手打ちしろと・・・?

working visa document1
↑全く意味をなさない、添付pdfファイル

※ちなみに、大使館に電話をしても何も答えてくれません!
何なら「こんなことで電話してくるな」と怒鳴られる可能性大!しかも記入の手順は載っていないのに、記載ミスがあると事務の女性に超不機嫌に当たられます、、、

ということで、大使館に連絡を取るだけ時間の無駄!何も解決しない!
なので、私が大使館に代わり詳しい説明をしていきます〜!

申請に必要な書類一覧

必要書類は、以下の5つ!

  • マレーシア入国管理局発行の就労許可書(承認レター)
  • 旅券(パスポート)と旅券顔写真ページのコピー
  • 写真2枚(3ヶ月以内に撮影したもの、サイズ5cm×3.5cm)
  • マレーシアの入国予約済みEチケット=航空券(コピー1部)
  • 査証申請用紙(IM47)2部

1、マレーシア入国管理局発行の就労許可書

これは、MDECからの承認レターのことです。
私も色々調べましたが、このレターの受け取り方は人それぞれ違うようです。実際に企業からAirMailで送られてくる人もいれば、email添付のpdfファイルで送られてくる人もいます。

私は、エージェントではなく就職先の企業から直接メールをもらいました。
そのメールには、pdfファイルが2つ添付されていました。一つはこの承認レター、もう一つは私のサインと向こうの責任者のサインが入った契約書です。
私は、この2つをコピーして持って行きましたが、事務の女性に「違う!!」と怒鳴られ、近くのコンビニで再度コピーを取り直すことになりました、、、、
用意するのは、MDECからの承認レター2部です!!

大使館からの添付ファイルには書いてありませんが、2部必要です。また、添付資料には未開封のものを持参するよう指示がありますが、私のようにpdfファイルとしてメールで受け取った場合、そのコピーを用意すれば大丈夫です!

2、旅券(パスポート)と旅券顔写真ページのコピー

記載の通り、有効期限半年以上・余白が2ページ以上のパスポートを用意します。
また、このファイルにはコピーとだけ書かれていますが、顔写真ページのカラーコピーを持って行きます。その他のページのコピーは必要ありません。

3、写真2枚(3ヶ月以内に撮影したもの、サイズ5cm×3.5cm)

私は、VISA申請のためにエージェントに提出した写真と同じものを用意しました。青背景の写真です。
そしてここでも事務の女性に怒られたのですが、この写真2枚は、5で用意する査証申請用紙(IM47)に貼るためのものです!
なので、この写真2枚は申請用紙に貼って持って行きます
(ちなみに貼らないで持って行くと怒られます)

4、マレーシアの入国予約済みEチケット=航空券(コピー1部)

ここ大事です!
私の場合は、企業が片道航空券の手配をすることになっていました。ここは、企業が負担してくれる項目として契約書に記載があると思うので必ず確認しましょう!(もし企業で負担をしてくれない場合は、大使館に出向く前に、自分で航空券を予約する必要があります!)

承認レターを受け取ったメールで、企業の方から「早く大使館に行ってVISAを申請してきて!」と言われました。
しかしネットで申請書類について調べると、VISA申請にはEチケットが必要だということを知る⇨え、航空券ないから、大使館に行っても申請できないじゃん!と気付く。

「航空券がないとVISAの申請ができないよ~!航空券を早く手配してくれ~!」と企業のHRに訴えました。

企業の方は、日本人のVISA申請方法について詳しいわけではありませんし、手取り足取りやってくれるわけでもありません。必要なものをもらっていない・会社側に不備があるときは、とにかく何でも言うことが大切です!
訴えてから数日後に、予約済みのairasiaのEチケットが会社からメールで送られてきました!
airasiaのサイトでwebチェックインをし、チェックインページから航空券の印刷というところをクリックすると、Eチケットのpdfファイルがダウンロードできます。このファイルを印刷すればOKです!

多くの人が利用するであろう、airasiaのEチケット発券方法の記事はこちら↓

ちなみに私は、この段階で家のプリンターのインクが切れたため、全ての書類の印刷をセブンイレブンのマルチコピーで行っていました。しかしこのEチケットだけは、なぜかセブンで印刷ができない(泣)
なので、泣く泣くインクを買い家で印刷をしました。もしセブンで印刷しようと思われている方がいたら、Eチケットの印刷が出来ないので注意してください!

5、査証申請用紙(IM47)2部

申請用紙を印刷するために、大使館からもらった添付ファイルのURLを手打ちしました。しかしアクセスできません(終わってる…)
ググると色々なフォーマットの申請用紙が出てきて、どれがIM47なんだか分からない~!となりましたが、丁寧にpdfファイルをアップしてくださっているサイトを見つけたので、そこから印刷をしました。
https://atc.gr.jp/pdf/form_IM47.pdf

この申請用紙を両面で2部印刷します!(必ず両面で!)
大使館にも用紙の用意はありますが、家で記入まで済ませた方が心に余裕を持てると思います。

そして一番大切な記入方法が、下の画像になります!

working visa document2
working visa document3

私が迷ったところだけポイントを絞って書きます!

最初のチェック欄、読解ができなかったのですが、日本国籍でVISAを申請する方は右側にチェックを入れます。

指定されている5×3.5のサイズの写真は、この枠からはみ出ます。でも貼って大丈夫です。貼らないと怒られます(2回目)

9の欄、私はネットのサイトを参考に”General”と記入して持って行ったところ、「ここはPassport!!」と事務の女性にキレられました。日本国籍でVISAを申請する方は、”Passport”と記入しましょう。

15の欄、承認レターに記載の会社の住所と、私が実際に働く建物の住所が異なりどちらを記入するのか迷いました。承認レターに記載されている住所と電話番号を記入します。

17の欄、私は”month”という文字を見ずに、ネットサイトに書いてあった”1year”を書いてしまいました。すると、案の定事務の女性に、「”month”って書いてあるでしょ!?」とキレられました。1年VISAが降りている方は、”12month”と書きましょう。

ここは多くの方が注意されていた部分なのですが、最後の署名はパスポートと同じサインを記入します。

以上が申請に必要な書類です!ここまでを揃えたら大使館に行きます!

申請、受理にかかる日数

はい、ここが私がミスを犯した部分になります!
日本国籍で就労ビザを取得する方は2日間必要です。

1日目:必要書類を持って申請を行う。9:00~12:00の午前
2日目:パスポートを受け取る。15:00~16:00の午後

私は、「この時間に行けばいいんだ~」とpdfファイルをよく見ずに午後に申請に行き、見事に時間と労力を無駄にしました。(ただのおバカ)

平日のみで時間もタイトなので、仕事に就いている方は大変ですね。
1日目の申請は、朝イチで行くと待ち時間が少ないと思います。(通勤ラッシュに当たってしまいますが)私は11時着で申請を終えたのが13時近くでした!
お仕事をしている方は、朝イチで行けば午前休を取るだけで済むかなと思います!

無事申請を終えると、パスポートを預けるかわりにこのような引換券を貰います!

working visa document4
この引換券を、2日目に忘れないように持って行きます!

この引換券を持って、2日目の午後にもう一度大使館に行き、パスポートを受け取って手続きは終了です!
2日目、私は16時ギリギリに到着しましたが、誰もおらず、ものの1分で終わりました(笑)
ちなみに日本国籍の方は、申請にお金はかかりません。

大使館までの行き方

分かりづらい道ではありませんが、無駄に3回も足を運んだので(笑)、私が「一番近い!」と思う道順をご説明します♪

1、渋谷駅の南改札から出ます。

(私はいつも中央改札から出るので、写真は中央改札からの道順です。)

malaysia embassy1

中央改札を出たら、左の階段を下ります。ここです↓

malaysia embassy2

降りたらさらに左にある階段を下ります。ここです↓

malaysia embassy3

南改札到着!

malaysia embassy4

2、目の前の歩道橋を上ります。

malaysia embassy5

上ってすぐの階段を降ります。ここです↓

malaysia embassy6


3、下りたら、左前の道に進み、角にあるKirin Cityで右折します。

malaysia embassy7


4、右に曲がると坂があるので、上ります。坂はここだけなので頑張って上る

malaysia embassy8


5、最初の信号までひたすら直進します。目印は左にある渋谷桜丘郵便局です

この信号を右折します。↓

malaysia embassy9

この道をひたすらまっすぐに進みます。↓

malaysia embassy10


6、信号があります。道が二手に分かれますが、旧山手通りの方に進みます。

malaysia embassy11


7、旧山手通りの信号を右折します。

malaysia embassy12


8、到着です!

malaysia embassy13

門が閉まっていたら、インターホンを鳴らして開けてもらいます!

malaysia embassy14

ちなみに旧山手通りを代官山方面に行く途中にivy placeがあるので、帰りにパンケーキを食べるのがおすすめです🥞笑

さいごに

以上がVISA申請の手順となります♪

私が申請をした際、一番初めに書いた通り、ネットで色々と調べて不備がないように頑張りました!しかし・・・なかなかちゃんと手順が載っているサイトや記事が少なくて本当に困りました。(大使館のサイトにもちゃんとした記載がないですよね?)

この記事が、私のように手順が分からず困っている方の参考になったら嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました