fbpx

【渡航準備】マレーシア移住!何を持っていく?私のパッキング事情!

マレーシア就職

皆さんこんにちは♩
今日は、マレーシアに移住する際に持っていったもの・私のパッキング事情 について!

私のパッキングの大前提としては、

・契約は1年間
・渡航後、ホテル生活1週間(食事込み)
・1年の間に日本に帰国する予定はなし
・預け荷物 30kg・手荷物二つまで 7kg

でした。また、渡航後に両親に1万円分の船便を送ってもらおうと考えていたので、実質持っていける荷物としては、スーツケース・手荷物2つ分・船便(およそ3ヶ月後に届く)という感じです。

私は海外生活・移住が初めてな上、アラサー女子という身だしなみに色々必要になるお年頃でもあるので、普通の方の持っていく荷物とは大分中身が異なりますが…(笑)私のパッキングをご紹介していきたいと思います!

何を持っていけばいい?

まず、「何を持っていけばいいか?」という質問に対して。

全てのものは、マレーシアで手に入れることができます!!!

これが端的にまとめた答えで、マレーシアで手に入らないものってないんですよね…。
例を挙げてみても、

  • 洋服・下着類 → 現地で買える。何ならユニクロがあります。
  • 食材類 → 日本食スーパーに行けば、何でも買える。(割高ではあるが)
  • 生活日用品類 → マレーシアのマツキヨ=gurdian に何でもある。
  • 電化製品類 → apple製品だって買えちゃうよ。むしろ変換プラグとかこっちの方が安いよ!

ってな感じで、正直「日本にあるものは何でも買えて、生活に困らない」のがマレーシアの実情です。(もちろん日本価格と比べ、割高にはなります。)
現地採用でいらっしゃる方は、到着後1週間はホテル住まいをされると思います。到着日にモールに行く元気はないと思いますし、平日の仕事後も同様です。大体の方は、到着後初の週末に、モールに行って色々買い揃えることになるのではないでしょうか。(私もそうでした)

私のパッキングの実際

以上の理由から、私のパッキングのテーマは、

ホテル住まいの1週間、どれだけストレスを溜めずに生活ができるか
(日本と変わらないものに囲まれて、不自由しない)
日本で持っているストックはできるだけ持っていき、マレーシアで浪費しない

でした!それでは実際に写真でご紹介していきます^^

持って行ったスーツケース・かばん類

suitcase

預け荷物:RIMOWA 78L30kgまで)
手荷物:ロンシャンプリアージュLL / マークバイ ショルダーバック
(合計7kgまでと指定がありますが、1回も量られなかったので重さはそこまで気にしなくて大丈夫だと思います。)

チェックインの際に、スーツケースは重さが計られます。私は30kg制限のところ、35kgと大幅にオーバーしてしまい、空港で荷物の調整を行いました。抜いても抜いても31kgにしかならず、今回だけとGHさんに許してもらい、追加料金なしで荷物を預けることができました。(ごめんなさい)なので、スーツケースは重量に注意した方がいいです!
しかし、手荷物の方は一回も重さを計られなかったので、そこまで意識しなくても大丈夫だと思います。(私はスーツケースと一緒に、手荷物からも色々抜いてしまいました。泣)

スーツケース

packing1
スーツケースを開いたところ

右にあるのはスーツです。マレーシアで転職活動をするつもりなので、リクルートスーツと、シルエットか綺麗に見えるネイビーのスーツの2着を持って来ました。

packing2
左のポケットを開けたところ

左のポケットには小物類を入れました。今振り返ると、必要ないものもありますが(汗)。

<持ってきてよかったもの>
DEAN&DELUCAのトートバッグ
ジムに行く際にパワーグリップやゴムバンド、スマホ、タンブラーを入れるのに使っています。ちょっと外に出るときなんかにも重宝しています。
ジャッキーのソーイングセット
先日スカートが破けた際に使いました。小さいものでいいので1つ手元にあると便利です。
温めるアイマスク
航行前から寝る時に愛用しています。レンジで何度も使えるタイプ。蒸気でアイマスクなんかは、gurdianに売っています。
お守り類
人から貰ったもので大事にしていたので持ってきました!部屋に飾っています。
チャンルーのポーチ
中に充電器などが入っています。最低限のコード類があれば何とかなりますが、私は現地で買いたくなかったのと、家にストックがたくさんあったので持って来ました。
ANAのファイル
この中に、TOEICのスコアや卒業証明書、証明写真などが入っています。転職活動をしようと考えているので一応持参しました。

お守りを除き、全部持ってきてよかったなと思います!充電器と変換プラグは皆さんも持っていくことと思いますが、変換プラグは日本よりマレーシアの方が安く手に入るので、日本で購入したものを1つだけ持っていき、後はこちらに来てから買い足すことをお勧めします!
ちなみにマレーシアの変換プラグは、このような形のものです^^

<必要なかったもの>
ポーチ類
日本では、用途(カバンの大きさや、仕事 or デートなど)に合わせてポーチを頻繁に入れ替えていたので、色々な大きさを持っていた方が便利!と思って持って来ました。しかし、まあ使わないです、、、。服以外のオシャレグッズ(カバン・靴・ポーチなど)は、重いしかさばるので、最低限使うものしか持ってこれないです。

これは人によるかも知れませんが、私はマレーシアに来て物欲や消費欲がなくなりました!
(私がペナンに住んでいるってこともあるかも知れませんが、、、haha)
マレーシアでは、体型や服装・メイクに気を使っている人って本当に少なくて、みんなが自由に、好きなように、気ままに生きている印象があります。
私自身、こちらに来てからネイルやマツエクを辞めました。(もちろんサービスはあるので、やりたい人は楽しめますよ♡)メイクに関しても、常にエアコンの効いた部屋にいるので、崩れませんしね。メイク直しもすることがなくなりました。

packing3

ポケットの下はこんな感じです。バッグで荷物を覆っていました。
持って来たバッグは、フールトゥプリアージュS手荷物のマークバイの3つです。
かさばるので、革のバッグを持ってくることは難しいと思いますが、いくつかバッグがあると、それなりにオシャレを楽しめると思います♩
(ちなみに、写真に写っているエルベのバッグに、重量オーバーした分の荷物を入れて持って帰ってもらったため、エルベは持ってくることができませんでした。でも、こんな大きいサイズのトートバッグを持って来たとしても、こちらで使う機会はないので必要なかった!)

packing4

カバンの下にはサンリオのギフト
外国人とルームシェアをしたり、言語交換をしようと考えていたので(実際にこちらに来て渡しました!)お土産にサンリオのファイルや抹茶味のお菓子を日本から持参しました。
抹茶味のお菓子ってこちらにもあるのですが、何か嘘っぽい味がしてあまり美味しくないです。なので、持ってくるなら「濃い抹茶」とか「お煎餅」とかが喜ばれると思います!

packing5

その下には、勉強道具です。本当はTOEIC関連の参考書を後4冊ぐらい持って来たかったのですが、重量的に無理だったので厳選して2冊にしました。
左の2つはノートと裏紙。参考書は会話できる英文法大特訓英語耳です!

会話できる英文法の方は、朝ご飯や夜ご飯を作る際に、覚える→iPhoneから音声を流して瞬間的に英文で言えるか確認、という流れでやっています。
英語耳は、夜時間をとってひたすら発音練習しています。(が、4ヶ月が経ち、今の自分には必要ないと感じたのでやめました。)
写真がありませんが、SATCのDVDも持って来ました!英文字幕で内容理解・使えそうな表現をメモ・最終的に字幕なしで観る、という方法で勉強に使っています。

packing6

勉強道具の下には洋服です!
現地で洋服を買う気が全くなかったので、スーツケースに入るだけ持って来ました!
数えてみましたが、ボトムス11着・トップス17着・長袖シャツ4着・ワンピース3着でした。
やっぱり数はあったほうが、着まわしを楽しめると思います。現地で服を買う気がなく、ある程度、毎日違う服を着たい・少しはオシャレをしたいと思う、特に女性!は、頑張ってパッキングすることをおすすめします!
ちなみに、ニット類は一着も持ってきませんでしたが、寒い時に着るための、ウルトラライトダウン・パーカーを持ってきました。マレーシアでは、どこもかしこも冷房がガンガンなので、羽織りものは必須です!

右にあるプチプチに包まれた青いものは、ジェットウオッシャードルツです!
自宅で据え置き型を使っていたのですが、持ってこれない…(場所をとるし、電圧が違うため使えない)ということで、持ち運び型を新しく買いました!(必要ない!って思われるかもしれませんが、私はドルツがないと生きていけない人なので…笑)

また上部真ん中にあるのは、ヘアビューロンのコテです!
ドルツもそうですが、ほとんどの人にとって必要のないものでも、私にとって必須な美容電化製品は全部こちらに持ってきました(笑)

packing7

ドルツの下にお化粧品一式今使っているもの以外の化粧品を使いたくなかったので、買い置きして複数持って来たものもあります。
マレーシアにも、日本のプチプラ化粧品(キャンメイクやセザンヌ、KATEなど)は置いてあるのですが、自分の希望のものが全て置いてあるわけではないです!なので、いくつかストックを持っていくことをおすすめします!

こちらに売ってなかったため、ストックとして持ってきてよかったと思っているもの
ラロッシュポゼ UVイデア XLプロテクショントーンアップ
エクセル パウダー&ペンシル アイブロウ
KATE ラッシュマキシマイザー(マスカラ下地)
PRODUCT ワックス
資生堂のビューラーの替えゴム

もし私と同じものを普段使いしている方がいたら、これらは売っておりませんのでご注意を!
日本から家族が遊びにきた時に持ってきて貰ったり、職場の人の一時帰国に合わせて頼んだりなどできているので、私は今のところ、何とかなっています^^

packing8

反対側の荷物の紹介に移ります!反対側は日用品が多いです。

左上紫のポーチ
下着類が入っています。初めの1週間は仕事をしながらのホテル住まいが決まっていたので、1週間分の下着を持ってきました。下着は絶対に必要な持ち物ですね!
左真ん中黒ポーチ・白ポーチ
DEAN&DELUCAの保冷バッグ。マレーシアでもお弁当生活を送るつもりだったのと、マレーシアに保冷バッグは絶対にないだろうという偏見で持ってきました。(実際、スーパーで売っている保冷バッグはデザインが超ダサいので、持ってきて正解でした)また、一緒に保冷剤も持ってきたのですが、こちらも見かけることがあまりないので、持ってきてよかったです。
右下の衣類
トレーニングウエアです。私は筋トレ歴が趣味で、普段からジムでウェイトトレーニングをしています!ホテルにもコンドにもジムがあり、マレーシアに行ってもワークアウトをすることが明白だったので、持ってきました。笑 しかし、重量オーバーでレギンスとタンクトップは3着ずつしか持ってこれず。船便が届くまで、ウェアが足りず地味に不便でした。

packing9

真ん中のジップロック・上部の白ポーチ・右上のピンクポーチ
この中にはザ・日用品が入っています!ハンドクリーム・お風呂セット・スキンケア用品・コンタクト・ヘアワックス・マニキュア・ネイルケア用品・綿棒やパフなどなどなど…。(男性には全く必要のない物たちですね!笑)自宅にストックがたくさんあり、1年は帰国しない予定だったので、家にあるストックをどうしても使い切りたくて…!
現地でも買えるので持ってくる必要は全くありませんが、できるだけ持ってきました。しかしこの日用品、とんでもない重さで(汗)詰めたもの全部は持ってこれず、空港で重量オーバーした際にほとんどの日用品を取り出すことになり、大半を父親に持って帰ってもらいました。
しかし、シャンプーだけはずっと使っているお気に入りのものを3ヶ月分持ってきました!

また、2袋分の生理用品も持ってきました!こちらの製品が肌に合わなかったり使いづらかったりしたら嫌だったので。5ヶ月後全て使い果たしたので、初めてマレーシアの紙ナプキン(kotex)を購入しました!が、全然問題ありません。(もちろん日本製の方が質は良いのですが、私は問題なく使えました。)
よっぽど肌が敏感な人!とかでない限り、生理用品を持って来る必要はないと思います!

以上がスーツケースの中身となります^^

手荷物の中身

ロンシャンの大きめのバッグの中には、かさばる系のものを入れました!

パソコンとタブレット
MacBook AiriPad。もちろんこちらでも使えます。

靴は計4足持ってきました!
ミネトンカのローファービリケンのサンダル就活用黒のヒールスタンスミスのスニーカー(履いてきた)です。こちらに来てサンダルを2足買い足しましたが、思ったことは「ヒールは滅多に履かない」ということです(笑)
こちらは暑いので、基本的にぺたんこサンダルを履いています。(これも人によると思いますが…でもオシャレなところに毎日行くわけではないので、ヒールの使用頻度は低いはずです)
基本的に靴はかさばるので、ほとんど持ってこれないです!
インスタント系食品
インスタントスープを大量に、そしてだしの素切り干し昆布を持って行きました!
白米はもともとそんなに食べない人なので、カップラーメンとかご飯のパックは持って行く気が初めからなく。(というか、持って行っても、食べきった後どうするの?何食べるの?って感じだし、何より基本的な日本食は大きいスーパーに行けば売っているので、荷物もかさばるし余分に持っていく必要はないと思います!まあ人によるとは思いますが。。。)
スープがあれば、現地の食事に一品加えるだけで日本っぽくなって落ち着くし、ダシとポン酢があれば、鍋もすぐ作れるので私的には大正解でした!

マークのショルダーバッグには、貴重品類を!
携帯お財布パスポート現金を入れました。まあいつものカバンの中身ですね。
現金は日本円で15万円持って来たかな。最初のお給料入るまでの生活と、あと家の契約の時に2ヶ月分デポジット+何かの費用の半分(だっけ?忘れた 後で記事書くときに思い出そう)が必要で、それが8万円ぐらいするのを、事前にチェックして分かっていたので!
お給料入ってからはこちらのお金には手をつけていないので、結局トータルでは13万円ぐらい使いました。(お金のことについてはまた書きます!)

手荷物については、こんな感じです^^

ちなみに、3ヶ月後に届いた船便には、
・日本で使っていた高性能な体重計
・入りきらなかったトレーニングウェア
・入りきらなかった日用品(美容系)
・TOEICのテキスト(本類)
インスタントスープ(両親から)
を入れてもらいました!これで必要なものは全部揃った!という感じでした。

まとめ

こう振り返ってみると、荷物の優先度的に「まず、最初の一週間で使うもの」が入って来ると思います。女性で言えば、

  • 下着
  • 化粧品、ボディ・スキンケア用品
  • コテなど、身だしなみを整える電化製品

でしょうか。そして余ったスペースに、必要最低限の靴やカバン趣味で使うもの(私だったらトレーニングウェアや、勉強道具など)を入れていく形になるのかな思います。

逆に、これはいらないだろうと思うのは日本の食材ですかね。マレーシアの料理は美味しいですし、日本の食材は簡単に手に入るので!
あと、ホテル暮らしなのでタオルやボディソープも私は持っていきませんでした。全く問題なかったです!(ただし、コンド入居時には必要なのでご注意を)

万人に参考になる記事ではありませんでしたが、私のパッキング事情でした^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました